売れるブランド物などは売るのもおすすめ

ここ数年よく耳にするようになった言葉といえば断捨離ですね。

ミニマムな生き方や掃除による開運法に書かれた本がヒットしたり、物質的なものとの向き合い方にいま注目が集まっています。

しかしながら「断捨離の意味って何だろう?」「普通に掃除することとは何が違うの?」という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

断捨離とは、単なる整理術ではありません。

もともとヨガの教えにある「断業」だんぎょう、「捨業」しゃぎょう、「離業」りぎょう、を応用したもので、その頭文字をとって「断捨離」といいます。

「いらないものを断ち、捨て、執着する心から離れる」という意味合いがあり、ものを整理すること、すなわち目に見えるものに向き合うことから、自分の精神的な執着に気づき、手放し、心を整えるというものです。

もので溢れる現代に生まれた私たちですから、ものを増やすことで得られる幸せというのはもう充分に味わいました。

一生懸命働いてものを買って、それでも忙しい現代人、ストレスを抱えて幸せを感じられない人も少なくなさそうですね。

これからは、幸せを感じて生きていくためには物に執着しすぎずないことが大切なんだと思います。

シンプルに暮らすことが必要な時代になってきたのかもしれませんね。

「断捨離」が、たくさんの現代人のこころに響くのも納得できます。

わたしも実は「断捨離」好きです。あらゆるものを捨てましたよ。何年も着ていない洋服、もう使わないブランドのバッグ、読み返すこともない仕事の書類や雑誌、子どもの頃遊んでいたであろうおもちゃともガラクタともわからないものなど、まだまだありますが、これらを捨てると生活スペースもぐっと広がって凄くきもちいいのです。女性にありがちだと思うのですが、洋服なんかは多ければ多いほど、なにがどこにあるかわからなくなって、そのうち忘れてしまうことがあるんですよね。そして結局また同じような服を買ってた!こともあるあるです。

断捨離ってやり始めるとハマります。売れるものは売るのもおすすめです。

http://おすすめブランド買取.net/

今まで断捨離に縁がなかった方にもぜひやってみて欲しいですね。

普段過ごす部屋を整頓しているときと、散らかっているときとでは気持ちがまったく違ってきます。

ふしぎと整頓しているときは、すっきりとした居心地のよい自分でいられるんですよね。

「窓を開けて新鮮な空気と入れ替えをしよう」という清々しい気分に自然となっちゃいます。

日々の積み重ねが人生に繋がりますから、こまめに断捨離をして、環境も自分のこころも整えてますます豊かな日々を送りたいものですね。