横浜のブックオフで売るよりも本を高く売る方法

結婚を機に持っていた数百冊のマンガや小説のうち2/3を処分しようと横浜のブックオフに売りに行きました。
横浜の近くにはビブレの近くに大きなブックオフがあります。

リュックサックに詰められるだけつめ重い思いをしながらも何往復もしてとても大変な思いをしましたが、古いものばかりでも全巻そろっているマンガも沢山あったので千円以上の買い取りを期待していました。
ところが、黄ばみがあるとか汚れているなど結局全巻そろっていたマンガは価値がないとほぼ0円で引き取られ小説数冊分とマンガ数冊分で数百円になりました。

ごみで捨てるのも忍びなかったのでその金額でのみましたが以前テレビで古本屋は黄ばみがあるものは削って店頭に出すというのを聞いたことがあったので、高額買取を期待していたのですがとても残念な思いをしたのを今でも覚えています。
その後も家族の小説やマンガ、ゲームソフトなど何冊か売りに行っていますが、今でも数百円程度にしかならず買い取りがとても安いなぁという印象を受けます。

そのあとクックパッドを見ていたら参考になるブログを見つけました。
古本を高くるレシピ
ここのブログによると本の買取価格がどうやって決まるかが詳細に書いてありました。
私の持っていた本はブックオフで大変な思いをして売りましたが、それよりもいい方法があったと反省しています。
でも愛着があった本やマンガをゴミ箱にいれるよりはいいかと利用しています。

店頭にもあまり古いマンガ等は置いていないのでなかなか難しいのかもしれませんが、古いマンガで全巻そろっているようなものはもう少し高額で引き取って頂きたいと思います。
そういった漫画はきっとヤフーオークションで売った方がよっぽどいいのかなぁと思います。
古い漫画は漫画喫茶などで需要があると聞いたとことがあります。
確かに漫画喫茶なら少々本が古く痛んでいても気にする人はいませんし、あまりにもボロボロになったものは交換する必要があるので、予備としても重宝されるのでしょうね。