横浜のブックオフで売るよりも本を高く売る方法

結婚を機に持っていた数百冊のマンガや小説のうち2/3を処分しようと横浜のブックオフに売りに行きました。
横浜の近くにはビブレの近くに大きなブックオフがあります。

リュックサックに詰められるだけつめ重い思いをしながらも何往復もしてとても大変な思いをしましたが、古いものばかりでも全巻そろっているマンガも沢山あったので千円以上の買い取りを期待していました。
ところが、黄ばみがあるとか汚れているなど結局全巻そろっていたマンガは価値がないとほぼ0円で引き取られ小説数冊分とマンガ数冊分で数百円になりました。

ごみで捨てるのも忍びなかったのでその金額でのみましたが以前テレビで古本屋は黄ばみがあるものは削って店頭に出すというのを聞いたことがあったので、高額買取を期待していたのですがとても残念な思いをしたのを今でも覚えています。
その後も家族の小説やマンガ、ゲームソフトなど何冊か売りに行っていますが、今でも数百円程度にしかならず買い取りがとても安いなぁという印象を受けます。

そのあとクックパッドを見ていたら参考になるブログを見つけました。
古本を高くるレシピ
ここのブログによると本の買取価格がどうやって決まるかが詳細に書いてありました。
私の持っていた本はブックオフで大変な思いをして売りましたが、それよりもいい方法があったと反省しています。
でも愛着があった本やマンガをゴミ箱にいれるよりはいいかと利用しています。

店頭にもあまり古いマンガ等は置いていないのでなかなか難しいのかもしれませんが、古いマンガで全巻そろっているようなものはもう少し高額で引き取って頂きたいと思います。
そういった漫画はきっとヤフーオークションで売った方がよっぽどいいのかなぁと思います。
古い漫画は漫画喫茶などで需要があると聞いたとことがあります。
確かに漫画喫茶なら少々本が古く痛んでいても気にする人はいませんし、あまりにもボロボロになったものは交換する必要があるので、予備としても重宝されるのでしょうね。

節約

私はクレジットカードを利用した節約を実践しています。

その節約方法を紹介したいと思います。

クレジットカードの種類は、リクルートカードプラスを使用しています。リクルートカードプラスは年会費が2,000円ほどかかりますが、他のクレジットカードに比べて、還元率が2%と非常に高いです。ここをうまく利用します。

基本的に、購入できるものは全てクレジットカードで購入するようにしています。さらに、購入できるものだけでなく、携帯電話料金や生命保険料、車の保険料まで全てこのリクルートカードプラス支払いをしています。さらに、これがリクルートカードプラスの最大の利点なのですが、なんとセブンイレブンなどで使用できるnanacoカードに入金することができます。このnanacoカードに入金できることによって、普段セブンイレブンで買い物するときにnanacoポイントを獲得できるだけでなく、使えば使うほどリクルートカードポイントも貯まっていきます。

このnanacoカードには、最大5万円まで入金することができます。実はこのnanacoカード、なんと税金や水道代といった公共料金を支払うことに使用することもできます。つまり、大きな金額になる公共料金を

nanacoカードで支払うことにより、より大きなリクルートポイントをためることができるのです。

この方法により、リクルートポイントを年間約30000ポイント貯めることができます。貯めたリクルートポイントは様々な使い道がありますが、私は旅行が好きなので、家族と年に1回旅行するときにじゃらんポイントとして使用しています。3万円分として利用できるので、かなり良い旅館やホテルを利用しても手出しが少なくて済みます。

その他にも、リクルートポイントはローソンなどで使えるpontaポイントに交換できたり、ポンパレモールでも使用することもできるので、私みたいに旅行に行かない人にも有効に使うことが可能です。

最後に、私はガソリンだけは別のクレジットカードを使用しています。私はよくエネオスを利用するので、エネオスカードを利用しています。エネオスカードでガソリンを給油すると1000円で30ポイントためることができるので、還元率が3%となりリクルートカードプラスよりもお得です。なので、ガソリンだけはエネオスカードを利用するようにしています。

以上が私が実践しているクレジットカードを利用した節約術になります。

節約とはちょっと違いますが、観なくなったDVDを売るというのもいい方法だと思います。
http://blog.livedoor.jp/expensive4/archives/6413003.html

本や漫画だと買取価格が安いですが、DVDはもともとが高いので、高価買取を期待できるものもあるのではないでしょうか。

売れるブランド物などは売るのもおすすめ

ここ数年よく耳にするようになった言葉といえば断捨離ですね。

ミニマムな生き方や掃除による開運法に書かれた本がヒットしたり、物質的なものとの向き合い方にいま注目が集まっています。

しかしながら「断捨離の意味って何だろう?」「普通に掃除することとは何が違うの?」という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

断捨離とは、単なる整理術ではありません。

もともとヨガの教えにある「断業」だんぎょう、「捨業」しゃぎょう、「離業」りぎょう、を応用したもので、その頭文字をとって「断捨離」といいます。

「いらないものを断ち、捨て、執着する心から離れる」という意味合いがあり、ものを整理すること、すなわち目に見えるものに向き合うことから、自分の精神的な執着に気づき、手放し、心を整えるというものです。

もので溢れる現代に生まれた私たちですから、ものを増やすことで得られる幸せというのはもう充分に味わいました。

一生懸命働いてものを買って、それでも忙しい現代人、ストレスを抱えて幸せを感じられない人も少なくなさそうですね。

これからは、幸せを感じて生きていくためには物に執着しすぎずないことが大切なんだと思います。

シンプルに暮らすことが必要な時代になってきたのかもしれませんね。

「断捨離」が、たくさんの現代人のこころに響くのも納得できます。

わたしも実は「断捨離」好きです。あらゆるものを捨てましたよ。何年も着ていない洋服、もう使わないブランドのバッグ、読み返すこともない仕事の書類や雑誌、子どもの頃遊んでいたであろうおもちゃともガラクタともわからないものなど、まだまだありますが、これらを捨てると生活スペースもぐっと広がって凄くきもちいいのです。女性にありがちだと思うのですが、洋服なんかは多ければ多いほど、なにがどこにあるかわからなくなって、そのうち忘れてしまうことがあるんですよね。そして結局また同じような服を買ってた!こともあるあるです。

断捨離ってやり始めるとハマります。売れるものは売るのもおすすめです。

http://おすすめブランド買取.net/

今まで断捨離に縁がなかった方にもぜひやってみて欲しいですね。

普段過ごす部屋を整頓しているときと、散らかっているときとでは気持ちがまったく違ってきます。

ふしぎと整頓しているときは、すっきりとした居心地のよい自分でいられるんですよね。

「窓を開けて新鮮な空気と入れ替えをしよう」という清々しい気分に自然となっちゃいます。

日々の積み重ねが人生に繋がりますから、こまめに断捨離をして、環境も自分のこころも整えてますます豊かな日々を送りたいものですね。

炭酸で改善したのでビタミンC誘導体美容液で予防

数年前からシワ・たるみ・ホウレイ線が気になり始めました。

何もしなければこのままどんどん悪い方向へ行ってしまうんだろうなとも思いましたし、

わたしには子供がいないのでいつまでも女性らしさを失いたくないと思っていましたので

老けてしまってオシャレが出来なくなるのが一番怖かったです。

洋服が大好きなのでいつまでもそれが似合う女性でありたいと思っています。

化粧品も色々な商品を試したのですが、コラーゲン・ヒアルロン酸なんていう言葉にはすぐに飛びつき使用したりと、でもそこまでの効果が実感出来る物に中々出会えず、エステなどに行くのには相当お金も掛かるしと悩んでいる時でした。

知り合いの美容系の友人から炭酸ミストのディフューザーを教えてもらいました。

炭酸がいいと話題になってきていた時だったし、中古でよければ(お客さんが買ったのに使わないからと安く引き取ったそうです)と安く譲ってもらえる事になりました。

このチャンスはないと思い即購入しました。

その炭酸ミストを使用すると、本当にリフトアップする事が実感出来ました。

片側だけつけてみて見比べると違いが明らかです。

これはと思い今も使い続けています。

気になっていた目尻のシワや、ホウレイ線がなんと目立たなくなりました。

ちなみに使用し始めて1年ちょっとですがこんなに効果が出てくれるとうれしいですよね。

あと注目しているのはビタミンC誘導体美容液です。

http://ビタミンc誘導体美容液.com/

コラーゲンやヒアルロン酸は肌に必要なものですが、それを直接肌に塗布しても保湿されるだけで、コラーゲンやヒアルロン酸自体が増えるわけではありません。

ビタミンC誘導体はコラーゲン生成を促進してくれたり、また、シミやソバカスなどにもいいそうです。
さらにはニキビなどにも効果的で、万能成分と言われているほどです。

これからのエイジングケアに取り入れていこうと思っています。